エイプリルフールは何で始まった?

昨日4月1日はエイプリルフールでした。日本では身近な人に直接嘘をつくというのはなかなか勇気がいりますので、どちらかというとインターネット上での嘘に力が入っているように思えます。有名な企業などが力を入れて4月1日だけのウェブページを作るというのも最近では普通になってきました。

さて、そんなエイプリルフールですが、「嘘をついていい日」などという不思議なものがどうして誕生することになったのでしょうか?

エイプリルフールの起源についてははっきりとはわかっておらず、諸説があるそうです。もっとも有名とされているのが、フランスでは3月25日が新年で、4月1日まで春のお祭りをしていたのですが、1564年にフランス国王であるシャルル9世が1月1日を新年とする現在の暦を採用してしまいました。この新暦の導入に反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として馬鹿騒ぎをするようになった、というものです。

もっとも古いであろうエイプリルフールの起源とされているものは、聖書に出てくるノアの方舟で有名なノアが、世界を滅亡させた洪水の雨が止んだ時に陸地を探させるために鳩を飛ばしたところ、陸地を見つけられずに戻ってきてしまったのが4月1日で、それが転じて無駄なことをさせられる日となった…というもの。

他にもさまざまな説があり、古代ローマで4月1日だけ奴隷を主人の椅子に座らせて主人が奴隷のまねをして遊んだというものや、インドでは3月25日から1週間修行をするというものがあり、その修行が終わった4月1日にはせっかく得た悟りの境地から、すぐに迷いの世界に戻ってしまうので、それを無駄な行為としたもの、キリストがユダに裏切られたのがこの日なので、その裏切りを忘れないために設けられたというものもあります。

どの起源にしても、かなり古い歴史を持っていることがわかりますし、インド起源が入っているあたり西洋だけでなく、かなり幅広い土地で古くからエイプリルフールが行われていたことが推測できます。ちなみに日本では日頃の不義理をお詫びする日だったという説もあります。

現在では世界各地に広がったエイプリルフール、嘘というものはけっして良い物ではありませんが、それでもこれだけ広がったということは、嘘をつくということには多くの人を惹きつける魅力があるのかもしれません。