仏壇も時代によって変わる

本日3月27日は仏壇の日だそうです。例によってさほど歴史があるわけではないのですが、その由来はなかなかしっかりとしたものです。

仏壇の日を制定した全日本宗教用具協同組合によると、西暦685年3月27日に天武天皇が「諸國(くにぐに)の家毎に佛舎を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ」という勅令を発布したことから3月27日が仏壇の日になったのだそうです。

一昔前までは仏壇というと必ず一家にひとつあったものですが、最近では核家族化が進んだことや住宅事情の問題もあり仏壇が無い家も増えてきています。

仏壇はもともと、貴族などが屋敷内に持仏堂をつくってそこに仏像などを祀(まつ)っていたものが、だんだんと小さくなっていったという説が有力です。

昔は今よりも土地があったとはいえ、そもそも狭い日本の国土では庶民が自分用に持仏堂などを建てるのはとうてい無理な話でしょう。そこでコンパクトで手軽な仏壇を考え出すあたりに連綿と続く日本人の国民性を見ることができるように思えます。

普通にイメージされる仏壇というと、扉が付いていて、開けると段があって一番上には位牌が置いてあり、中段にお供え物があるという感じだと思います。

種類でいうと、木材の木目を活かした唐木仏壇や、全体を黒漆で塗って内部に金箔が貼ってある金仏壇(もしくは塗り仏壇)などが一般的です。

しかし、最近ではそもそも和室があるような家も減ってきており、デザイナーズマンションや、デザインを重視した一戸建てなどでは、仏壇を置くと明らかに違和感が出てくるようになってしまいました。

そんな時代の変化に合わせるように、現代仏壇というものが登場してきています。洋室に合うようなデザインにしたものから始まって、収納家具にすっぽりと収まって扉を開けないと仏壇だとはわからないものや、キッチンの壁にかけても違和感のないデザインのもの、さらには仏壇とは無縁に思えるイタリアデザインのものまであるようです。

そんなものは仏壇ではない! という人もいるかもしれませんが、デザインを変えただけで、家庭に仏壇が置かれ、先祖や仏を敬うという心が復活するのはいいことのように思えます。

仏壇を置きたいけれども我が家のインテリアには合わない…と思っていた人は是非一度調べてみてください。さまざまな仏壇が登場していますので、きっとインテリアに馴染む物を見つけることができるはずです。