「白馬に乗った王子さまはいませんよ」

今回で3回目のコラム。
3繋がりということで、前回の占い鑑定ランキングの3位の「出会い」について書きたいと思います。

「彼氏がいない」「結婚はいつ」など出会いを求めて占いに来る方は非常に多いです。
そして、この「出会い」に関しても落とし穴がたくさんあります。

手相で過去の事柄は当たっていても出会いのターニングポイントで外します。
手相から寄り添い線が 20代にあっても「彼氏がいなかった」。
出会いのターニングポイントが 25歳であっても「彼氏がいなかった」

これ、どう思いますか。

ここなんです。
「その時期に積極的に動いてた?」と聞くと、「う~ん、覚えてないです」

おっつ!
皆様、ここでマンサはきついことを言います。

「おまいら~、「他力本願」では彼氏は出来ないんだよ~~!! お~っけい~!? かい!?」

みなさん共通で「他力本願」になっているからこそ「出会い運」を占い師に聞きに来るということなんです。

「あの占い師さん『25歳』で結婚するって言ったのに外れたわ~」

あのね、そりゃ外れるわ、君。
だって何もアクション起こさずにその年を迎えたって、彼氏がポストに入ってるわけがないし、彼氏が白い馬に乗ってあなたをさらいに来るわけがない。
こんなことが実際起きたら犯罪騒ぎよね。

実際、女性は「受身」の存在です。
どうしても男より小さく弱いものですから「守ってもらう」ことも望んでます。
だから「他力本願」になるのもわかります。

そして、今、世の中では「婚活」が流行っています。
なぜだと思いますか?

そうです、世の中の男性陣が「受身」になっているからなんです。
不景気だったり色々な事情もあると思いますが、世の男性諸君の勢いが弱まっているんです。

「受身 VS 受身」

これじゃ、お互い婚期を逃します。

まずは、男女共にアクティブに動くことです。

そして、次の段階でも、皆さんお困りになっているのでなかなか伴侶が見つかりません。
それは、「コミュニケーション能力」です。

この「出会い」を求めて占いに来る方の多数は「コミュニケーション」が苦手です。
嫌われたくない、自信がない、どう接していいかわからない…。

出来ないから諦める。それじゃ、なかなか出会いを次の段階にすることは出来ません。

じゃー、学校や親から学ばなかったのならどうすればいいのか? 自分で今から学んで自分のアイテムにしたらいいんです。
そしたら「自信」に繋がる、誰かと接したくなると思いませんか?

こうやって自分に自信をつける事を行えばいいんです。
そして、やっとあたし達占い師の出番がやってくるのです。
この基本がない段階ではあたし達占い師は大はずれしてしまいます。

本当にこの出会いに関しては落とし穴だらけですね。

まずは、己、自分を知り熟知すること。
そのあと相手を知ることでカップル率が上がるとマンサは思いますよ。

白馬に乗った王子様は来ません。
自らハンターになって探しに行くのです。

他力本願では出会いも、婚期も逃してしまうということです。