かただ 美怜 さん
≪ かただ 美怜 さん ≫

多くの人がその香りと美しさから愛用しているアロマキャンドル。そんなアロマキャンドルが実は風水的万能アイテムだということをご存じでしょうか? 今回は「スピリチュアルアロマキャンドル」を監修された、かただ美怜さんにお話をうかがってきました。

── アロマキャンドルというと、西洋風なイメージがありますがそれを風水に取り入れようとしたきっかけは?

キャンドルというと、西洋風に聞こえてしまうかもしれませんが、寺院や神社などでもお灯明としてロウソクは伝統的に使われてきています。科学的にもロウソクの炎のもつ 1/f(えふぶんのいち)ゆらぎ効果は立証されていますし、ロウソクはそれだけで波動を高めてくれたり脳を活性化させたりしてくれるものなんです。

── なるほど、確かにロウソクは仏壇や神棚にはつきものですし、そう考えると風水と融合しても全然不思議じゃありませんね

そうです。キャンドルは風水では「陽」を象徴するのでお部屋のバランスを整えたりするのにとても有効なんです。それだけではなく、感情面に働きかけたり、直感力をアップさせてくれるので、人間関係を良くすることにも使えます。

── キャンドルがそんなに風水的に優れているとは知りませんでした。本当にいろいろなことに使えるんですね

キャンドルは風水の万能アイテムなので、私も前々からセッションなどで使っていて、その効果は実感していたんです。今の日本では個人がきちんと風水をするというのはなかなか難しいんですよね。

── それはやはり住宅事情の問題でしょうか?

そうですね。大きく間取りを変えたりするのはマンションなどにお住まいの方だとなかなか難しいので、そういった場合にキャンドルを使うと手軽に風水を改善することができます。特に最近ではいろいろな色や形のキャンドルがあるので、とても便利なんです。

── マンション住まいの人間にとってはとてもありがたいアイテムですね。かたださんはかなり以前からキャンドルを風水に取り入れていたのでしょうか?

もともと、風水を整えるアイテムとして活用はしていて、クライアントの方からも好評をいただいていたのですが、2008年ぐらいから「キャンドル風水」というものを考えていました。なぜなら 2009年が「火」の年だったので、それにあわせて発表することで、よりキャンドルの素晴らしさを世間に知ってもらえると思ったからです。

── 2009年は火の年だったんですね。その時になにか不思議な出会いがあったとうかがっていますが?

そうなんです。今回のスピリチュアルアロマキャンドルの制作を始めたのが 2009年なんですが、本当に不思議なご縁がありました。知人からの紹介でカメヤマキャンドルさんという会社の会長さんと知り合うことができ、そこでキャンドルに関してのコラムを書いたりするようになったんです。そんなとき、スピリチュアルアロマキャンドルの販売元であるライトワークスさんがカメヤマキャンドルさんに問い合わせをされて、そのご縁で私がスピリチュアルアロマキャンドルの監修をすることになったんです。

── それならば、それまではライトワークスさんとはまったくご縁がなかったわけなんですね

エンジェルオラクルカードは私も使っていたので名前は知っていたのですが、カメヤマキャンドルさんからご紹介いただくまで、こんな風に一緒にお仕事をするようになるとは思っていませんでした。

── 本当に不思議なご縁で、まさにキャンドルが結んでくれた縁ですね。ところで、キャンドルの部分については色々とうかがったので、アロマの部分についても教えていただきたいのですが?

アロマは香りですね。風水ではもともとお香を使っていました。お香には良いご縁や情報を運んできてくれるという力があります。

── なるほど、スピリチュアルアロマキャンドルを使うことで、不思議なご縁が起こりやすくなるといった感じですね

お香を使っている人は大勢いらっしゃると思うのですが、キャンドルと融合することで安価で、とても使いやすくなると思いますので、楽しみながら使って欲しいですね。そうすることで、本当に良いご縁を運んできてくれると思います。

── それは素敵ですね。やっぱり人と人の縁というのはとても大事だと思いますし、スピリチュアルアロマキャンドルを欲しくなる人は多いと思います。ところで購入したらどこに置くのがベストなのでしょう?

そうですね…使い方は本当に色々とあるのですが、ここなら間違いないという場所は「玄関」ですね。玄関というのは陽の気が多少多くてもいいので、陽の気をもたらしてくれるキャンドルを置くにはベストの場所です。玄関に常に置いておいて、火を点けるときだけお部屋に持ってくるという使い方もできます。

── 玄関に置いておくときは必ずしも火を点けなくていいのでしょうか?

もちろん火を点けたほうが陽の気は増すのですが、香りは常に出ていますし置いておくだけでも効果があります。小さなお子さんがいる方や、玄関に燃えやすいものがある場合は、お部屋で安全な状態で火を点けていただいて、それが終わったら玄関に戻すといいと思います。

── 確かに玄関でずっと火を点けっぱなしというのはなかなか難しいですよね。他にもいろいろな使い方を知りたくなってしまいます。

実は 2010年4月2日(金)に「キャンドルで幸運を引き寄せる!~スピリチュアルアロマキャンドル~」というミニワークショップを開催します。このワークショップではキャンドルの効果的な使用法や裏技的なものも紹介するので、より詳しい使い方が知りたい方は参加してもらえると嬉しいです。

── さらにスピリチュアルアロマキャンドルを活用できるようになるわけですね! それはとてもおもしろそうです。本日はいろいろと教えていただいてありがとうございました。

----------

一見、風水とは無縁に思えるようなスピリチュアルアロマキャンドルですが、実際は古来から伝わってきている風水の技法が見事に融合したものだということを、かたださんへのインタビューの中で知ることができました。

ミニワークショップに関しても、たんにスピリチュアルアロマキャンドルを使う方法だけではなく、かたださんが風水と同じぐらい得意とする九星気学によって、自分の運気を知り、それにあわせてキャンドルを使う方法なども教えてくれるということです。

さらに2010年3月15日(月)までにミニワークショップに申し込まれた方は、九星気学によって導き出されたフォーチュンチャートがもらえるということです。このチャートがあればより詳しく 2010年の運気を知って、キャンドルを活用することができますので、興味のある方はお早めに申込みをするのがオススメです。

■ かただ美怜 プロフィール

ライフカウンセラー・気学&風水コンサルタント
20年前に気学&風水と出会い、九星気学・風水・易・家相・姓名学・心理学などを学んだ後、カウンセラーになる夢を叶え、独立。 カウンセリングは気学や風水がベースになっているが、数秘学(カバラ)・エンジェルオラクルカードリーディングにも造詣が深く、特に人間関係・自己発見などでは、自身の様々な経験も活かし、総合的な鑑定を得意とする。 また、家相に関しては、「心地良さ」「バランス」「日常性」を重視し、「住む方のセンスに合う快適なインテリア風水」を提案。 気学&風水は、人生を楽しく豊かに幸せにするためのツールやきっかけと考え、日々の生活の中で無理なく実践できることを大切にしている。

“幸せと希望の種を見つけるカウンセリング” がモットー。

今回、読者プレゼントとして新発売のスピリチュアルアロマキャンドル2種を提供していただきました!
プレゼントの内容、ご応募は こちら から♪