穢れ(けがれ)を流す流し雛

3月3日といえばひな祭りですが、その大元になったのではないかと言われている行事があります。それは「流し雛(ながしびな)」もしくは「雛流し(ひなながし)」とも言われているものです。

ひな祭りで飾られる雛人形。「お内裏様とおひな様♪」という歌でも有名ですが、この雛人形、もともとは災厄を祓うための人形(ひとがた)でした。

神道や陰陽道には穢れ(けがれ)を人形に移すという発想があります。紙で作った人形に息を吹きかけることで自分の分身とし、それに穢れを移し、その後人形を燃やしたり供養したりすることで穢れを祓う(はらう)というわけです。

流し雛も発想はまったく一緒で災厄を祓うため、人形を自分の身代わりとして川や海に流してしまうのです。

流し雛の歴史は古く、源氏物語にもそれらしい記述が出てくるそうです。それは光源氏がお祓いをした人形を船に乗せて海に流したというものです。源氏物語の時代には陰陽道などが活発だったので、こういった穢れを祓う方法は日常的に行われていたのではないでしょうか。

穢れを海や川に流すという思想は、神道の有名な祓い言葉でもある大祓詞(おおはらえのことば)にも見いだすことができます。この祝詞は名前の通り罪穢れを祓うために唱えられるものです。内容を簡単に説明すると、最初に日本神話が語られその中でどのような罪が犯されるのか、そしてその罪をどうしたら祓えるのかというものが語られます。

最後にはその罪穢れがどのようにして消滅していくのかということが書かれるのですが、その部分の冒頭でセオリツヒメという神様が積み穢れを大海原に持っていくのです。その後、いくつかの過程があって最終的に罪穢れが消えるわけです。

大祓詞の例を見てもわかるように罪穢れを海へ流すというのは古来からずっと日本人が抱いてきたイメージなのかもしれません。

いまではひな祭りは雛人形を飾るのがメインになってしまいましたが、各地の神社では流し雛も続けられています。写真にあるのは京都の下鴨神社で行われる流し雛ですが、3月3日が平日だったにも関わらず開場は満員で、多くの人がこの行事を楽しみにしていることが感じられました。

今年のひな祭りには、古来からの風習にふれるためにも身近な神社をチェックしてみるのはいかがでしょうか? もしかしたら意外なところで流し雛が行われているかもしれませんよ。