宝くじツアーで幸運をゲット!?

長引く不況で先行きが暗いこのご時世、宝くじに希望を託したくなる人も多いのではないでしょうか? そんな人たちに絶好のツアーがあります。

そのツアーを企画したのは 仙台バス株式会社。仙台市近郊で貸切バスやバスツアーなどを行っている会社です。

ツアーの名称はそのものずばり「必勝!宝くじ当てるぞツアー」というもので大安である3月2日に開催されます。休日に開催したほうがお客さんもくると思うのですが、あえて大安を優先して3月2日開催にするあたり気合いが感じられます。

当日のルートはというと日帰りバスツアーになっていて、まず最初に金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)でお参りとお清めをしてもらいます。

この神社は刀匠が刀を打つ際に蛙の鳴き声が邪魔だったので、蛇の形をしたものをつくったところ蛙の鳴き声がやんだことから、この蛇(金蛇)を神社に奉納したことから金蛇水神社となったそうです。

蛇は金運の神様として知られていますし、ご神体の金蛇だけでなく境内のあちこちに蛇の姿が現れた蛇石もあるということで、金運を高めるためにこの神社を選んだのはなかなか目の付け所がいいと思います。

身を清めたあとにはみずほ銀行仙台支店で宝くじを購入、その後金箔の入った料理を食べて砂金を取る体験をするそうです。

若干砂金と宝くじがつながらないような気もしますが、とりあえず砂金とはいえ「金」を手に出来るのもおもしろいところです。

最後に黄金山神社(こがねやまじんじゃ)でご祈祷と当選祈願を行うということですが、こちらの神社は日本ではじめて金が産出した場所として知られているそうです。

もともと東北は金の産出量が豊富だったという歴史もありますが、これだけ金と関係のあるところをまわれば、宝くじが当たるかどうかは別としてもかなり金=ゴールドのパワーを取り込むことができるように思います。

神社など、立ち寄るところはこれぐらいですが、3億円の札束のレプリカを見学したり、車中では金運アップのおまじないを教えてくれたりと、移動中も飽きさせない工夫があるようです。さらには添乗員が大黒様の恰好をして同行するあたり、本気度がうかがえます。

料金も1日 7,777円 ということで、一般的なバスツアーと変わらないのも嬉しいところです。もしも、このツアーから当選者が出たりしたら、次回からの参加者はものすごいことになりそうですが、はたして結果はどうなるのでしょうか?