お寺で婚活?

静岡県のあるお寺がおもしろい試みをはじめたようです。それはなんと、お寺で男女の出会いを手助けしようと言うもの! 最近流行の言葉で言えば婚活のお手伝いといえるかもしれません。

そのお寺とは、静岡県浜松市にある龍雲寺。南北朝時代、西暦でいうと 1330年に開山されたということで、とても歴史のあるお寺です。

宗派は禅宗のうちのひとつである臨済宗ですので、おおざっぱに言うと禅の修行を行うお寺ということになります。一般の方を対象にした座禅会だけでなく、写経会や旅行会を行ったりと、いろいろとイベントが活発なお寺なようですが、今回の縁結びは初の試みだそうです。

もともとお寺は地域に根ざした活動をしてきたということで、龍雲寺の副住職さんによる発案で、最近増えてきた独身の方達の縁をとりもとうと近隣の7つのお寺が協力して今回の「吉縁会」が実現しました。

名前が出ているお寺は7つだけですが、協賛寺院はさらに多くあるということからもその力の入れ具合がわかります。

現代ではお寺が縁結びのお手伝いをするというと、ちょっと不思議な感じがしてしまいますが、明治時代以前はお寺や神社のお祭りは男女が結ばれるための機会を提供する場として活用されていたという話もありますし、ある意味では原点回帰なのかもしれません。

開催元がお寺という安心感のせいなのか、京都の有名精進料理店に出張して、当日の料理を作ってもらうなどという企画の巧みさのせいなのかはわかりませんが、当初は男女各30名の定員を予定していたところが、200名近くの応募があり、結局枠を増やして 84名の方が参加することになったようです。

ご本尊の阿弥陀如来に護られた境内で、お坊さんの導きによって縁が結ばれるというのは、スピリチュアル的に考えるとなかなか魅力的ではないでしょうか?

縁結びの御利益があると言われている神社仏閣は多いですが、今回のように積極的に縁結びを援助するというのは、とても珍しく、意義のあることだと思いますので、大好評だったという今回の龍雲寺の企画をまねして、他のお寺や神社でもこういった企画が増えて欲しいものです。

ちなみに「吉縁会」は次回の開催も予定されているようなので、近隣に住まれていて興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?