建国記念日の起源

本日2月11日は建国記念日です。一般的に建国記念日というとアメリカのようにどこかの国からの独立を宣言した日が多いようですが、日本ではどういう意味を持つのでしょうか?

建国記念日はもともとは「紀元節(きげんせつ)」と呼ばれていました。第二次大戦後に祝日ではなくなってしまったのですが、1966年に再度国民の祝日として認められたのです。

紀元節とはその名前の通り、日本の起源の日で、神武天皇が即位した日ということになっています。神武天皇は初代天皇ですが、実在したという証拠は残っておらず、神話的な存在だとされています。

なぜ、神話的な存在が即位した日がわかるのか? それには占いや陰陽道で使われる十干十二支が関わっているのです。

日本書紀の記述によると神武天皇が即位したのは辛酉年春正月庚辰朔となっています。基本的には1月1日に即位したことになっているそうですが、旧暦ですのでこれを現在の暦に直す必要があります。

そこで当時の文部省天文局と、暦学者が相談して2月11日を導き出しました。基本的に干支は 60年周期で繰り返すので、神武天皇が即位したとされている辛酉年が、何年なのかというのは日本書紀が編纂された年から計算することでわかります。それは紀元前 660年でした。

さらに春正月ということと、干支が庚辰であることから立春にもっとも近い庚辰の日をさがすことで新暦の2月11日が特定されたのだそうです。

この神武天皇が即位した年をもとにしたものは皇紀といわれており。それになおすと今年 2010年は 2670年となります。早い話が西暦に 660年をプラスすれば皇紀になるというわけです。

戦前までは多く使われていたそうですが、現在では基本的に西暦が使われているので、神道関係者の他には、一部の人しか使用していないようです。

歴史的にいうと紀元前 660年は弥生時代と縄文時代の境目ぐらいであり、その時代に神武天皇が即位したというのは考えにくいのですが、そんな時代に神話の世界が広がっていたと考えるとロマンを感じます。

暦については、いろいろとエピソードがあるにも関わらず、どんどん普段の生活から忘れられてしまっていますが、日本の起源を導き出したのも十干十二支などの暦だったのです。

今後も機会をみては、日本の重要な文化である暦について記事で紹介していければと思っています。