アモラ・クァン・インさん
≪ アモラ・クァン・インさん ≫

2010年2月に開催される3つの土地で行われるアモラ・クァン・インさんのワークショップ、なぜ3カ所でそれぞれ違った内容のワークショップを開催するのか? その秘密を聞いてみました。

── 今回の来日では熱海、京都、富士山と3つの異なった土地でワークショップを行われるそうですが、それにはどんな意味があるのでしょうか?

まず最初に熱海、次に京都、最後に富士山という順番でワークショップが開催されるのですが、この順番にも意味があります。順番にワークショップを受けていくことで、最後の富士山のワークショップを受けたときに、かなり深いレベルでその内容を受け取ることができるようになっています。

── なるほど! 順番にワークショップを受けることでより深い情報を受け入れる準備ができるようになるというわけですね。

はい、そうです。もちろん富士山のワークショップのみを受講される方にもたくさんのワークを受け取っていただくことができますが、3つとも受講した人は本当に大きな深いレベルで受け取っていただけると思います。

── それはすばらしいですね。それでは、それぞれの場所のワークショップについても教えて下さい。

最初に熱海で行われるワークショップは『あなたのインナーチャイルドの癒しとマジカルチャイルドの目覚め』というものです。ほとんどの人は、自分自身のマジカルチャイルドとの繋がりが断ち切れてしまっていると思います。

── それはどうしてなのでしょう?

マジカルチャイルドとは、私たちの現実を創造することを知っている私たちの一部であり、信頼や愛、決断力を持っているのですが、ほとんどの人は幼少期に、周りの人たちとは違うからという理由で、あきらめてしまったのです。

── なるほど、そのマジカルチャイルドをワークを通して取り戻していくというわけですね。

そうです。熱海には海と山という二つの環境が整っています。そこで高次元の存在であるマーリンのサポートを受けてマジカルチャイルドを目覚めさせていきます。このワークショップでは幼少期からの問題を癒すということに多く取り組んでいきますが、これらを癒すことで自分自身がマジカルチャイルドそのものとなり、新しいかたちで現実を作り出す方法と、また、私たちの人生にどのようにしてさらなる愛と喜びをもたらせばいいのかを学ぶことができます。

── 自分自身が望む現実を作り出せるようになるのは素敵ですね!

そうですね。自分がやらなくてはいけないことをやるというのではなく、自分が本当に愛していることをやれるようになります。

── 2つめの京都でのワークショップについて教えて下さい。

京都では鞍馬山で『全脳の悟りを開く』というワークショップを行います。去年、私が富士山を訪れたときにサナトクマラがやってきて、2010年 に日本でこのワークショップを行ってもらえないかと聞いてきました。

── サナトクマラというと鞍馬寺に祀られている鞍馬山の守護神ですね。だから鞍馬でワークを行うわけでしょうか?

鞍馬山はこの地球上の経穴(つぼ)のようなもので、その効果は「さらに大きく脳を目覚めさせる」というものです。ワークショップではヒーリングや脳をきれいにするプロセスを体験してもらったりもしますが、鞍馬のエネルギーに働きかけることを一番の中心にしています。

── なるほど、鞍馬山にそんな力があったとは知りませんでした。

脳を開くために多くのガイド達が手伝ってくれますので、彼らと一緒に多くのワークを行いますし、鞍馬山で直接ヴォルテックスのエネルギーを体験してもらう時間もとりたいと思っています。

── 最後に3つめの富士山でのワークショップについて教えて下さい。

富士山では『アセンション 2010 ~私たちが今できること』というワークショップを行います。今年の地球を活性化するための方法や、地球の中にある宝石やクリスタルのための新しいアクティベーションなどを学んでいきます。来年は富士山でまったく新しいレベルの内容を教えることになる予定ですので、そのための基礎と言ってもいいかもしれません。

── アセンションの準備のためのワークショップという感じでしょうか?

はい。ただし、ひとつ言っておかなくてはならないのは、このワークショップに出ることで、あなたが自動的にアセンションの道に進めるようになるというわけではありません。本当に人をアセンションの方向に進ませてくれるのは、毎日の生活の中、その一瞬一瞬の選択にかかっているからです。その辺りのことにも焦点を合わせて、アセンションに向かって生きるようにするにはどうすれば良いのかということもお伝えしていきたいと思っています。

── ワークショップに行けばいいのではなく、日常の生活の中で何が必要かということを学ぶのはとても大切だと思います。本日はお忙しい中ありがとうございました。

熱海でのワークショップで幼児期の体験を癒し、そして新たな創造性の扉を開き、次の京都で脳に関する内容に取り組んで、脳を新たなレベルへと引き上げることで、脳が新しい悟りのレベルへと活性化され、最後に富士山でアセンションのワークショップを行う。

インタビューを終わってみると最初にアモラさんがおっしゃっていた通り、3つのワークショップを順番に受けることで、よりアセンションのための準備と覚醒がしっかりとできるというのがよくわかりました。

今回のアモラさんのワークショップに興味を持たれた方は、スケジュールの都合が許すのならばぜひ、熱海 → 京都 → 富士山と受けることをオススメしたいと思います。