火星の力でパワーアップ!

本日、2010年1月28日(木)には火星が地球から 9,800万キロ圏内を通過します。火星がこれほど地球に近づくのは稀なことで、次は 2014年 になります。

9,800万キロと言われても、なかなかぴんとこないかもしれませんが、小型望遠鏡で火星地表の様子を見ることができ、肉眼でも火星を簡単に見つけられるぐらいの近さだということです。

ちなみに2010年1月30日(土)にはちょうど太陽が沈む頃に火星が東の空から昇るために、火星を一晩中見ることができるそうです。また、この日の火星は満月のすぐそばに見えるということで、火星と月を一度に観察することもできます。

火星がここまで地球に近づくことで、火星の持っているパワーを、よりいっそう受け取りやすくなります。

火星は英語で Mars と呼ばれていますが、これはもともとローマ神話のマルスから名付けられたもので、マルスはギリシャの軍神であるアレスと同一であり、どこの民族でも基本的に火星はその赤い色から戦いの神様の名前をつけたようです。

それだけに火星の持つパワーは非常にパワフルなものです。伝統的な西洋魔術の世界では火星は闘争、戦争、建設、破壊そして強い意志という意味を持っているといわれています。

日本語の「火星」というのも、そのものずばり火の星です。これもやはり赤い色から付けられたのでしょう。

一般的に闘争や戦争というと悪いイメージがあるかもしれませんが、恋愛に勝つのもまたひとつの闘争といえますし、受験戦争などはそのものずばりでしょう。要は強い意志をもって勝利に突き進むためのパワーを火星は与えてくれるのです。

バレンタインデーも近づいてきましたし、火星が地球に接近するこの機会に火星のパワーを取り入れて、好きな相手に告白する勇気を貰うというのはいかがでしょう? 

夜空を見上げてみると、月のように明るく光っているわけではありませんが、肉眼でも赤く輝いている星が見えると思います。それが火星です。この赤い星から勇気と行動力のパワーが自分に注いでいるのを感じましょう。

もちろん特に勇気が欲しいわけでないという人でも、寒いこの時期に火星のエネルギーを充填して、身体を活動的な火のエネルギーで満たし、風邪に負けないようにしたり、仕事で疲れがちな身体にパワーを補充したりすることもできるはずです。

せっかくの機会ですので、ぜひ夜空を見上げて火星を探してみて下さい。そして、火星を見つけられたら、そのパワーを活用してください。