Dr. エリック・パール
≪ Dr. エリック・パール ≫

従来のヒーリングの常識をくつがえすともいわれる「リコネクティブ・ヒーリング」。創始者の Dr. エリック・パールから伝達されるそのエネルギーは、地球上に存在するあらゆるヒーリングエネルギーの周波数を包含しているといわれ、これまでに数々の奇跡的な治癒をもたらしてきました。しかも、誰もがエリックさんと同じレベルのヒーリングを行えるようになるというのです。この新時代のヒーリングについて、昨年秋に来日にしたエリックさんにお話をうかがってきました。

―― 日本でも大きな話題となっているこのリコネクティブ・ヒーリングは、すでに世界 70ヵ国7万人もの人々が学んでいると聞いています。

そうです。そしてその7万人のうち約2割が医師を含む医療従事者です。そのように、医療に携わる人がリコネクティブ周波数を持っていると、その人が接する病気の人には自然にヒーリングが起きることになるでしょう。

一年半ほど前のことです。セミナーの後に脳性麻痺の子どもが連れてこられて、私がヒーリングをしたことがあります。その子はかかとを床につけられず歩くことができません。さらに、単音節をなんとか出せる程度しか声を出せないので言葉をしゃべることもできないという状態です。そこで、私のところに連れてこられたわけですが、4分後には会場が閉められてしまうので、そこにいる全員が部屋から出ていかなければならないという状況です。わずか4分で私に何ができるというのでしょうか?

しかし4分後、その子はマッサージベッドから降りて自力で歩きました。そして、その1週間後には、片足立ちでくるくる回ることまでできたのです! このことから分かるようにヒーリングというものは本来、瞬時に起こりえるものです。

―― そのようなヒーリングが誰にでも可能になるというのは驚きです。今回(2009年秋)の来日では「リコネクティブ・キッズ!」という子ども向けのセミナーも開催しますね。

日本での開催の前に、ニュージーランドのコオリ族の5~7歳の子どもたちにリコネクティブ・ヒーリングを教えました。すると、習ったばかりの子どもたちが大人を治療してすごいレジスター(*)を出しているんです。このように子どもたちの方が覚えが早いのは、彼らは「恐れ」にもとづく迷信的な観念を持っていないからです。子どもたちは「恐れ」ではなく「愛」や「宇宙のとのつながり」をベースにして存在しています。

ここで言う迷信的な観念とは何か? たとえば、子どもたちはヒーリングに際して、「電磁波の害」や「邪悪な存在」といったものを気にしていません。また、「霊的ガイド」などにペンデュラムでお伺いを立てようとも考えません。彼らは自らの自然な本能を信頼しているのです。そして、子どもたちは「分離」という幻想を持っておらず、ただ相手と一つになりたいと願い、自分自身が「ヒーリングそのもの」になるのです。

―― ヒーリングそのものになる、とはどういうことでしょうか?

ヒーリングはそれを「行おう」とするとエゴを増長させてしまいます。そして、扱っているエネルギーやテクニックに注目してしまいます。そのようにテクニックにこだわることでテクニックはマスターできるでしょうが、「ヒーリングそのもの」は決してマスターできません。そして、そのヒーリングはエネルギーを扱うテクニックでしかなくなってしまうでしょう。

しかし、ヒーリングとは本来そのような矮小(わいしょう)なものではありません。リコネクティブ・ヒーリングはエネルギーを超えて、「光」や「情報」といった、より大きなスペクトルにアクセスしていきます。ここでいう「光」とは「意識」をも含むものです。

(*)レジスターとはリコネクティブ・ヒーリングを受けている人が示す、不随意な身体的反応のことです。その主なものに、眼球のすばやい動きや手足や頭部の動き、涙、笑いなどがあり、いずれもヒーリングを受けている側の意志とは関係なく起きてきます。

■ Dr. エリック・パール PROFILE

カイロプラクティック医師として成功していた彼は、あるとき目覚めたヒーリング能力によって奇跡的な治癒が次々と起きていく光景を目の当たりにし、その新しいヒーリング周波数を世に広めることを決意。以来、世界中を巡ってのレクチャーやセミナーを通じて、リコネクティブ・ヒーリングの光と情報を伝えることに専念している。そのセミナーはニューヨークタイムズをはじめとするさまざまな出版物で特集され、世界各地のテレビ番組への出演や満員のマディソン・スクエア・ガーデンでの講演なども好評を博した。

リコネクティブ・ヒーリングについてもっと詳しく知りたい方は こちら!
取材協力:ナチュラルスピリット