年神様の力を貰う鏡開き

1月11日は鏡開きです。地方によって色々と日にちが違うようですが、11日に鏡開きが行われる所が多いようです。

今では一般的に行われる鏡開きですが、もともとは武士が行う風習でした。鎧などにそなえたお餅を下げてお雑煮として食べたのがはじまりだそうで、鏡開きの時に刃物を使わないのは、切腹をイメージさせるためだというのも、武士らしい理由です。

そんな武家社会の風習が一般化して、お正月に訪ねてきた年神様にお供えしたお餅を同じように鏡開きするようになったのです。余談ですが、お正月の飾り物はすべて年神様を迎えるためのものであり、門松は年神様のよりしろとして使われていました。

お供えしてあった鏡餅を手や木槌で割るというのが鏡開きですが、行動をそのまま言葉にすれば「鏡割り」が正しくなります。しかし「割る」という言葉も縁起が悪いために、「開く」という縁起の良い言葉になったそうです。

ちなみに冒頭でも述べましたが、鏡開きの時期は地方によって差があり、本来は旧暦の1月20日に行われていたものが、徳川家光が4月20日に亡くなったために、その月命日を避けて 11日になったそうです。

ただし、これは関東圏の話ですので現在でも1月20日に鏡開きをする地方はありますし、京都では1月4日が鏡開きです。

さて、そんな鏡開きですが、現在ではしっかりした鏡餅を飾る家庭もすくなくなってきて、お餅をパックからだすというある意味本当に鏡開きになっていますが、それでも鏡開きをする意味はあります。年神様にお供えしていたお餅をいただくことで、今年一年の無病息災と繁栄のパワーを取り入れることができるのです!

お供えが終わったら捨ててしまったりせずに、鏡開きをしたお餅を食べて今年一年を幸せに過ごしましょう!