無病息災を祈って七草粥

今日、1月7日は七草粥を食べる日です。「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」の七種の野草が入ったお粥のことを七草粥といいますが、どうしてこのお粥が食べられるようになったのでしょうか?

七草粥の風習は元々は中国のもので、日本では平安時代頃から行われるようになったとされています。当時の中国では6日年越、7日正月といわれていて、7日がひとつの節目とされていました。

1日から6日まではそれぞれを動物の日として、その年の動物の吉凶を占っていたそうです。そして7日目を人の日、人日(じんじつ)といって、人の吉凶を占いました。そこで、邪気を祓うために食べられたのが七草粥なのだと言われています。

ちなみに中国古来の七草は現在とは違っており、米・粟・キビ・ヒエ・ゴマ・小豆・ミノなどを汁にいれて食べるものだったそうです。これが日本に入ってきたことで汁からお粥にかわり、中に入れるものも変わったということです。

どうして現在の野草になったのかは諸説あるようですが、それぞれの名前が縁起が良かったからという説があります。セリは勝負に競り勝つ、ホトケノザは仏が座る場所、ハコベラは繁栄がはびこるなどです。

他にも春に一番最初に芽吹く野草を食べることで、邪気を祓うなどという説もあります。もともと、時代によって増えたり減っていたりしたそうですので、その時々の人々の考えによって創られてきたのでしょう。

個人的にはスピリチュアルな意味合いからいって、名前の縁起の良さというのにはひかれるものがあります。ただ、そういった縁起物としての要素だけでなく、実際にこれらの野草には身体にいい成分が含まれています。

七草のうちセリ・ナズナ・スズシロなどは食欲増進、健胃効果がありますし、セリとナズナはお正月で飲み過ぎた肝臓を回復させてくれます。また、ハコベラは利尿作用があってむくみを解消してくれますし、スズナにはリラクゼーション効果があります。

ゴギョウは気管支炎や扁桃腺炎の予防になりますし、ホトケノザは解熱効果があります。そして、七草すべてを食べることで、ビタミンA、B、C、K、カルシウム、カロチン、鉄分を補充することもできるのです!

もちろんカロリーも低いですし、お正月の暴飲暴食で疲れた身体をいたわってくれるすばらしい食べ物だといえるでしょう。

よし、それじゃあさっそく七草粥を食べよう! と思った人。もしも、野草が手に入るようでしたらせっかくなので古式に則った作り方をしてみたらいかがでしょう?

野草を 49回 包丁で刻みながら「七草ナズナ、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、セリこらたたきのタラたたき」などという七草囃子を歌いましょう。七草囃子にはいくつかのパターンがあり「七草なずな、唐土の鳥と日本の鳥と渡らぬ先に、七草なずな手につみ入れて、あみばし、とろき、ひつき、ちりこ、げにげにさりげなきようにて物の大事は侍りけり」「七草なずな、唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先にストトントン」などいろいろなものがあります。

共通して登場する「唐土の鳥」というのは、正月の夜に多く現れるという怪鳥のことで、この鳥の羽に触れると疫病になったり、不吉なことが起こるとされていたそうです。

七草粥を食べて、身体をいたわり邪気を祓い素敵な一年を過ごしましょう。