今年もあとわずか、大掃除は終わりましたか? 大掃除は1年の締めくくりとして、そしてなにより幸運を呼び込み、来年を良い1年にするためにも必須ですので、無精せずに頑張ってみましょう。

大掃除に限らず部屋を掃除することで幸運を招くという話はよく耳にすると思います。基本的に部屋が散らかっていたり汚れていたりすると、そこには悪いエネルギーがたまりやすくなってしまうからです。

筆者がであったことのある空間浄化のセミナーを行っている先生によると、部屋の隅や角などといった場所には特にネガティブなエネルギーがたまりやすいということでした。部屋が散らかっていると、そのような悪いエネルギーがたまりやすい場所があちらこちらに出来てしまいます。

また、大掃除をするときは埃などがまってしまうのを外に逃がすためや、窓ふきなどのために窓をあけておくことが多いですが、これも部屋の中の淀んだエネルギーを吹き飛ばすのに有効です。この季節に窓をあけておくのはちょっと厳しいですが、できるだけ掃除の最中は換気を良くして埃だけでなく、ネガティブなエネルギーを澄んだ空気で浄化してしまいましょう。

部屋の浄化にはお香をたいたり、各種エッセンスやアロマ、セージなどさまざまなものを使う事ができますが、窓を開けて換気を良くして部屋を片付けるだけでも、それらに負けないぐらい浄化の力があるのです。

日本では古来から家の中に沢山の神様がいるとされてきました、台所に祀られる竈の神様や、水の神様、トイレにも神様が祀られたりしていました。さすがに現在の住宅事情ではそんなに各所にお祀りすることはできないのですが、それでも綺麗にしていれば神様が降りてくることがあります。

知り合いのチャネラーによると、よく繁盛する食べ物屋さんのトイレには必ず神様がいるのだそうです。そして、そういうトイレは必ずとても清潔に掃除されているとのことでした。

トイレを掃除するとお金が入ってくるという説もありますし、大掃除の時はとくに気合いをいれてトイレ掃除をしてみるのもいいかもしれません。

最後に忘れていけないのが神棚の御神札です。神棚を祀っている方は、初詣の前に御神札を取り出しておきましょう。これらは基本的に1年間お祀りしたあとは、神社の御神礼所に収める必要があります。

初詣に訪れたときには忘れずにもっていきましょう。同じように破魔矢なども収めることができる場所があると思います。1年間の守護に感謝した上で新しい御神札をもらってくることもお忘れなく。

来年をより良い年にするためにも、大掃除をしっかりとし家全体を浄化して、幸運を呼び込む準備をしっかり整えて大晦日に臨みたいものです。