ドラゴンやエルフの力を借りて、自分の能力を高め進化する [2009/12/23]
トライオライトジャパン26のセレモニアル・マスター2体験記
ローリー先生
≪ ローリー先生 ≫

映画の指輪物語で有名なドラゴンやエルフ、空想上の存在だと思われているかれらの力を借りて、願望を叶えたり霊的な成長を遂げたりすることができる。まるで夢物語のようですが、これは現実の話なのです。

今回、トライオライトジャパン26で開催されているセレモニアル・マスター2というセミナーを取材しました。このセミナーではエレメントや女神、ドラゴン、エルフなどの力を借りるためのセレモニーとリチュアルを学ぶ事ができます。

セレモニーやリチュアルと聞くと、なんだか神秘的でちょっと宗教がかったイメージを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、セミナー中に重々しい雰囲気やピリピリとした空気が漂うことは一度もありませんでした。

もちろん、参加者の皆さんはとても真剣に取り組んでいるのですが、すべてのリチュアルやセレモニーが安全に執り行われるように講師であるローリー先生がしっかりとエネルギーレベルでチェックを行っているために、リラックスした暖かい雰囲気でセミナーが進行していくのです。

一つのセレモニーが終わると、ローリー先生が暖かい拍手と言葉で祝福してくれて、参加者全員が盛り上がる様子を見ていると、神聖な雰囲気と家庭的な雰囲気が見事に調和しているのが感じられ、とても興味深く、そのあたりのことをローリー先生に聞いてみたところ「練習の場であるので、安全でなおかつ心地よく行えるように気をつけているの。扱うエネルギーはとても高いものなのだけれども、そのエネルギーに圧倒されずに心地よくリチュアルが行えるのよ」とのことでした。

なるほど、会場の雰囲気はまさに先生の言うとおりの状態でした。今回は子供連れで参加している方もいらっしゃったのですが、子供を預けることができない方などでも参加できるように、子連れでも参加オーケーになっているのだそうです。

また、お子さんがいることで、会場のエネルギーにさらに喜びのエネルギーが加えられるという効果があり、いつもはちょっとやんちゃなお子さんでも、不思議とセミナーに来るとおとなしく一緒に参加してくれるということでした。

リチュアルやセレモニーなどを見ていると、常にローリー先生がエネルギーに気を配っており、手順や言葉だけを見ているのではなく、参加者の行動によって引き起こされるエネルギーの状態をチェックしてアドバイスをしてくれているのがわかり、とても心強く感じられました。

ところで、リチュアルとはセレモニーとはいったいなんなのか、その違いを言える人はいるでしょうか? 私たち日本人がセレモニーと聞いて思い浮かべるのは冠婚葬祭が一般的です。リチュアルについては、儀式という風に翻訳され、こちらはあまり一般的には用いられる用語ではありません。

スピリチュアルな人たちの間ではリチュアルやセレモニーという言葉は比較的馴染み深いかもしれませんが、実際にその二つの違いを説明できる人は少ないように思えます。筆者も言葉の意味自体は知っていたのですが、その違いを今回初めて知ることができました。

ローリー先生によると「リチュアル」とは日常生活の一部分として、毎日変更せずに続ける儀式のことで、「セレモニー」は状況や目的、その時々のエネルギーにあわせて、いくつかのリチュアルを組み合わせて臨機応変に行っていくものだということです。

簡単にいってしまうと、リチュアルはスポーツ選手が毎日行う筋力トレーニングのようなもので、セレモニーは毎日のトレーニングを発揮する大会=実践の場ということになります。先生の説明は非常にわかりやすく、今まで漠然としていた二つの違いをはっきりと理解することが出来ました。

今回、ドラゴンを召喚するというセレモニーの末席に参加させて貰いました。これは、ドラゴンの持つパワーによって、霊的な成長を促したり、願望を達成するというセレモニーですが、筆者が参加したときの目的は「日本の経済と参加者に力を与える」というものでした。

ものすごい大きな目標ですが、これをドラゴンという架空の生物が叶えることができるのか? ローリー先生に聞いてみました。

「まず、ドラゴンやエルフといった存在は架空の生物ではなく、私たちの次元とは違う5次元に実際に存在している神話的存在で、神話の存在なのでとても高いエネルギーを持っていてパワフルだけれども、かれらは喜んで人類を助けてくれるの。セレモニーとは、高次な次元にアクセスして、私たちの次元までそのエネルギーを引っ張り込んで、この次元で使えるようにするということなの。何よりも、マジックで鍵となるのは空想する力=ファンタジーなので、多くの人々に空想上の存在として知られている、かれらの力は本当には強力なのよ」

祭壇
≪ 祭壇 ≫

セレモニーには、多くの道具が使われるのですが、使う人が心地よく使えるようにと、西洋風なものだけでなく、和風な道具も自由に使えるようになっています。このあたりの心配りからも、ローリー先生の心遣いが感じられました。

実際にセレモニーが始まると、参加者の方々は真剣そのもので、ローリー先生も常にエネルギー状態をチェックして適宜修正などを行っているようでした。そしていよいよドラゴンが召喚されると、筆者にもはっきりとそのエネルギーを感じることができました!

筆者は風のドラゴンと相性がよかったのか、風のドラゴンが召喚された瞬間からずっと右手が風に包まれている感じがありました。もちろんこの季節なので、窓は閉め切ってありますし、どこかからすきま風が吹いていたというオチではありません。

セレモニーが終わったあとに、参加者の方々からもいろいろな体験談が出されましたが、みなさんいろいろな体験をされており、本当にドラゴンのエネルギーを実感できたようでした。

セレモニーやリチュアルというと、伝統的で格式張っていて、とても厳しいものというイメージがありましたが、今回のセミナーはそういったことはまったくなく、伝統的なとても深い知識と高いエネルギーを扱っていながらも、家庭的で楽しくリラックスできる空間で、ドラゴンやエルフといった神話の存在のエネルギーを感じて、活用できるようになりたい方、現代の魔法使いを目指す方には本当にオススメのセミナーだと思います。

最後に、このセミナーを象徴するようなローリー先生の言葉で締めたいと思います。

「楽しくないことをしていて、どうしてポジティブなエネルギーを得て、扱うことができると思うの?」


取材協力:トライオライトジャパン26
トライオライトジャパン26さんの最新セミナー情報はこちら
トラディショナル・カバラ1
ハイアーセルフアンカリング (グループセッション)
直感医療&遠隔ヒーリングトレーニング
24本エーテリックDNA (AK) アクティベーション

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-