女性の方で刀に興味をもつ人は少ないように思います。最近では戦国武将がブームになっており歴史好きの女性を歴女などといったりもするようですが、そういう人たちですら、武器としての刀にはあまり興味がないようです。しかし、刀にはれっきとしたスピリチュアルな面があるのをご存じでしょうか?

日本人が刀といった場合、いわゆる日本刀をイメージします。日本人ならばどんなに興味がない人でも時代劇などで一度はその姿を見たことがあるでしょう。

刀剣自体は、三種の神器である草薙の剣の例を出すまでもなく神話の時代からあったものですが、日本刀が登場したのは平安時代頃といわれています。

平安時代の日本刀にはさまざまな伝説を持つ物が多くあります。例えば稲荷山の刀鍛冶が稲荷の使いの狐に手伝って貰って創ったという「小狐丸」、有名な鬼である酒呑童子を切ったとされる「童子切」などです。

草薙の剣や石上神宮の七支刀のように神社には刀がご神体として祀られることがあり、刀の神様である経津主神という神様も神道には登場します。

一方仏教でも、不動明王をはじめとする怖い顔をした仏様たちは、悪縁や煩悩、悪鬼を断つための剣を携えています。

こういったことから、古い時代には刀剣は戦闘よりも宗教的な儀式に用いられていたものが多くあります。戦国時代などに入り、刀が実用品になると共に神秘性よりも、より実用性が求められた為に、伝説を持つような刀は時代と共になくなってしまったのです。

一般的な風習としては、死者の身体に悪い物が入らないように刀を置いておくというものや、新生児がうまれたときに、刀で邪を払うために渡される守り刀をさずけるなどというものがありました。

このように刀には、単なる戦いの道具ではなく、魔を祓う神聖の物としての側面があるのがわかります。

現在、東京国立博物館では国宝である童子切(安綱 名物童子切安綱)が展示されており直接見ることが出来ます。酒呑童子という強力な鬼を祓ったこの刀は1000年以上たった現在でも清澄な破邪の霊気を放っています。

年末に身の穢れを祓う意味も含めて、時間がある方は是非東京国立博物館を訪れてみて下さい。
昨日紹介した国宝土偶展も必見です。