サイキックだから死刑!?

アリ・シバットさんという自称サイキックの人が、サウジアラビアの宗教警察に捕まり死刑を宣告されたそうです。その理由は、なんと霊能力があるからというものでした!

このアリさんは、自分の能力を使って多くの人々にアドバイスを与えていたそうで、レバノンの衛星テレビチャンネルにも出演するぐらい人気のある人だったそうです。

敬虔なイスラム教徒でもあったアリさんが、サウジアラビアのメディナという聖地を巡礼に訪れたとき、滞在先のホテルにサウジアラビアの宗教警察が来て、彼は逮捕されてしまいました。

その後、彼は18ヶ月にわたって拘留されて、今年の11月9日に死刑判決が言い渡されたそうです。

そもそも、霊能力があるから逮捕ということ自体物凄いのですが、宗教警察は彼が自分が「魔術を使った罪(霊能力)」を認めれば自宅に帰すと言ったそうです。人にアドバイスしていたのを罪と言われ、それを認めないから死刑というのは日本では考えられない発想です。

イスラムの法は現代ではありえないような判決をしばしば下すことで有名です。2004年にはレイプされた被害者の少女が死刑になるという凄まじい判決がありました。え?逆じゃないの? と思うかもしれませんが、これは事実なのです。

ちなみにレイプした男性は95回のむち打ちで済んだとのことです。他にも32歳の男性がテレビで性体験を告白したという理由で、テレビ局が閉鎖され、男性は死刑となったという例もあります。

どの判決についても、どれだけ詳細に調べても、どうしてそれが死刑に繋がるのか全く理解することができないようなものばかりです。

今回のアリさんの事例がもし西洋諸国の出来事だったのならば、魔女狩りの再来として大騒ぎになり、下手をしたら暴動が起こってもおかしくありません。

日本は西洋諸国に比べてスピリチュアルに対する理解度が低いと言われることがありますが、少なくともどんな宗教を信じていたとしても、どんなスピリチュアルな儀式をしたとしても公序良俗に反することのない限りは自由が保障されています。

しかし、世界にはまだまだスピリチュアルな世界を受け入れてもらえない地域があるのだと、このニュースは教えてくれているのです。

アリさんの判決は下級裁判所で下されたものなので、まだ最終的な判決ではなく、もう一度裁判の機会があるそうですが、今のままでいくと死刑になる確率はかなり高いということです。

まだ広くニュースにはなっていませんが、このことが多くの人が知ることでなんとかアリさんが死の運命から逃れられることを祈りたいと思います。

情報元:Roy Stemman's ParanormalReview
日本語訳:エルエル