師走は誰が走り回る?

今年も残すところあとわずかとなりました。12月の呼び方は「師走」。走るという文字があり、年末らしい忙しさを感じさせる文字ですが、本来はどんな意味だったのでしょうか?

一般的に師走の語源で思い浮かぶのは「坊主が忙しそうに走る」「先生が忙しそうに走る」というものが多いと思います。しかし、教師は(担当学年にもよるのでしょうが)落ち着いているというよりも、年中走り回っているのが普通…というイメージがあるので、教師を神格化していた軍国主義時代に産まれたのではないかと思われます。

一方、坊主の方は、かなり昔からあるようです。語源由来辞典によると、平安末期頃に僧侶が東西を馳せる月という意味で「師馳す」という言葉が載っているとのこと、昔はお盆と同じように、お正月にも祖先の霊を弔っていたので、坊主が忙しかったという理由には説得力があります。

おもしろい説としては、師は僧侶ではなく、御師とよばれる社寺に所属して、お札などを配って歩いた人たちが年末に札を配るために、各家庭を巡ったというものもあります。しかし、これには走るという要素が入っていませんので、あまり説得力が感じられないように思えます。

「師」が特定の職業をあらわすのではないという説もあります。1年の最後の月であることから、総仕舞いを意味する「仕極つ」、同じように四季の最後なので「四極つ」どちらも「極」は「果てる」という意味をもっています。

同じように1年の終わりという意味の「為果つ」「年果つ」が変化したという説もあります。個人的には、優雅さという意味で四季の最後を意味する「四極つ」あたりが好きですが、忙しい現代にはちょっとそぐわない気もします。

ストレートな説としては、そもそも 12月を「しはす」と読んでいたというものもあります。日本書紀に「十有二月(しはす)」とあり、万葉集でも 12月を「しはす」と読んでいるものがあるそうです。日本書紀や万葉集ぐらい古い資料を出されると、その歴史だけで納得させられてしまいます。

みなさんはどれが一番しっくりくる「師走」の語源だと思いますか? 忙しい人は坊主が走り回るのを、四季の移り変わりに敏感な人は「四極つ」を、歴史が好きな人は「十有二月」を選ぶのかもしれません。

今となっては語源をきっちりと特定することは難しいと思いますので、みなさんのイメージに一番近い「師走」の語源を決めて、忘年会のネタにでもしていただければと思います。