商売繁盛で笹もってこい! 十日えびす

酉の市は関東方面を中心とした行事ですが、今回は関西方面を中心とした行事「十日えびす」を紹介したいと思います。福男選びはテレビなどで放映されて全国的に知られていますが、もともとはどんな行事だったのでしょうか?

十日えびすで有名な神社というと、福男で有名な兵庫県の西宮神社、「商売繁盛で笹もってこい」のお囃子で有名な大阪の今宮戎神社、福笹を一番始めに考案したといわれる京都の京都ゑびす神社があります。

それぞれの神社で1月10日 前後にさまざまな催しが行われるのですが、おもしろいことに神社ごとで十日えびすの由来が違っています。西宮神社によると、もともとは御狩神事(みかがりしんじ)という神事があり、いまでは内容も伝わっていないこの神事が十日えびすの原点とされているようです。

今宮戎神社では、豊臣秀吉の時代から庶民の信仰が厚くなって十日えびすが活気づいてきたとされており、由来については詳しく触れられていません。京都ゑびす神社ではご祭神であるえびす様の誕生日が1月10日 であることから、その誕生を祝い、あやかろうとすることから始まったとされています。

さて、えびす様といえば七福神のひとりとして有名ですが、七福神の他の神様が外来の神様であるのに対して唯一日本古来の神様。一般的に神社では、えびす様とは大国主大神の子供にあたる、事代主神であるとすることが多いようです。

ただし、これにもさまざまな異論があり、えびすを海からの漂着物として考え、海の彼方からきた神様だとする説もあったりします。すべてにおいて共通しているのは商売繁盛の神様として、人々から多くの信仰を集めていることでしょう。

酉の市では熊手が縁起物として有名ですが、十日えびすには商売繁盛の福笹があります。酉の市の熊手と違って、十日えびすでは吉兆といって、福笹以外にも小判や小槌、鯛などの縁起物を束ねた物や、福養や福さらえなども売っているようです。

十日えびすも、酉の市に負けない程の人出がありますが、酉の市が年末に行われるのに対して、こちらは年始です。関東と関西という場所の違いもありますが、より多くの福を求める方は、年末は酉の市、年始は十日えびすと両方に参拝して、熊手と福笹を並べ、招福パワーをさらにアップさせてみるのはいかがでしょう?