神前結婚式の定番である三三九度ですが、テレビなどで見ることはあっても、その意味や正式なやり方などはあまり知られていません。結婚式シーズンということもあり、今回はそんな三三九度についてご紹介したいと思います。

三三九度という言葉に、3と9という数字が出てきていますが、すでに何度かご紹介した通り、3や9といった奇数は陰陽道の考えでは陽数とされる縁起の良い数です。また、神道で一番最初に現れた天御中主神、高御産巣日神、神産巣日の神造化三神にちなんで3という数字を使うという説もあります。

一般的にイメージされる三三九度というと、新郎新婦が杯に3度口をつけて飲み干すというものですが、本来の三三九度はもっと複雑な儀式であり、簡単なものは「三献の儀」というそうです。

「三献の儀」では、大中小3つの杯を新郎新婦がそれぞれ飲み干していきます。最近の神前結婚式で行われる、いわゆる三三九度はこちらが多いようです。3つの杯には天・地・人を表すという意味があるようです。

一般的に行われる三献の儀であっても、それぞれ3杯は飲まなければいけませんので、お酒に弱い人はなかなか大変な行事です。神道ではお清めや御神酒などといった形でよくお酒が使われますが、それには言霊がかかわってきているようです。

酒=サケの語源には「栄え」の意味と邪気を「避け」る意味があるため、神事によく使われるのだということです。結婚式の場合は、神様へ供えた御神酒を共に飲むことでご祭神の御魂を分けて貰い、より絆を深めるという意味合いがあるそうです。

さて、本来の三三九度ですが、三献の儀よりもさらにお酒を飲む量が増えます。具体的には一盃目が新郎 → 新婦 → 新郎、二盃目が新婦 → 新郎 → 新婦、三盃目が新郎 → 新婦 → 新郎となり、3つの盃で3杯ずつ飲むので三三九度というわけです。この場合は、なんと新郎は5杯も飲むことになりますので、お酒の弱い人はふらふらになりかねません。

最近の神前結婚式で本来の三三九度が行われなくなったのは、時間がかかるためと、お酒の量が多くなってしまうからのように思えます。筆者の結婚式も神前でしたが、そのときは旧来の三三九度が行われ、事前知識がなかったために、いつになったら終わるのだろう!? と思ったものです。

その後きちんと調べてみて、飲み方の作法や三三九度の本来の意味を知ることができたのですが、今からすると結婚式の前にちゃんと調べておけばよかったと思います。それぞれの数字の意味や、盃、そして御神酒の意味を知っているのといないのとでは、式で受け取れるものが違ったと思います。

これから神前結婚式を挙げようと思う方は、是非、このあたりの知識を踏まえて、より厳粛に式に臨むことができれば、自分の相手や親族だけでなく、式を挙げた神社のご祭神との繋がりも、より深くすることができ、幸せをもっともっと引き寄せられると思いますので、ご参考にしてもらえればと思います。