日本NLP学院のイチオシセミナーに行ってきました! [2009/11/24]

コミュニケーションがいかに大切なのか、それは誰でもわかっていること。しかし、家庭や仕事など、すべての面で良好なコミュニケーションを築けている人はなかなかいないのではないでしょうか?
今回はそんなコミュニケーション能力をわずか1日で身につけることのできるセミナーをご紹介したいと思います。

日本NLP学院 が開催する「セルフコーチング&共感コミュニケーションセミナー」は、2日間という短期間のうちに、実生活ですぐに役に立つ NLP のエッセンスを凝縮して習得できるという、学院イチオシのセミナーです。

今回は人間関係を良好にし、人から好感を持たれるようになれる「共感コミュニケーションと支援セミナー」に参加してみました。

セミナーの冒頭で講師の松島さんも、幼い頃の体験からコミュニケーションが苦手だったということをカミングアウト。その後苦手を克服して営業の仕事で成功したものの、今度は家族とのコミュニケーションがうまくいっていないことに、エクササイズを通して気がついたということを教えてくれました。

コミュニケーションはどんな関係性においても必ず必要なものであり、ひとつだけがうまくいっているからといって、コミュニケーションが上手なわけではないということがわかります。

セミナーではコミュニケーションスキルを身につけるために、本当に単純なことからエクササイズを始めていきます。最初のエクササイズは参加者の自己紹介をかねて、コミュニケーションが得意な人の特長を考えてみるというもので、いくつかのグループに分かれてディスカッションを行いました。

セミナーには、初参加の人から、NLP のマスターコース受講中の人まで様々な人がいますが、やはりマスターコースに参加している人たちは話を聞いたり、話題を引き出すスキルが自然と身に付いているようで、ほかの参加者をリードして、活発な意見の交流を引き起こしていました。

時にはジョークを交えながらエクササイズは進んでいきましたが、なごやかな雰囲気の中でも参加者の皆さんの表情はとても真剣で、このセミナーに打ち込む心意気のようなものが感じられました。

最初のうちは発言するのをしりごみしていた人たちも、講師の松島さんがうまく導いてくれるので、だんだんとその場になじみ、いつの間にか楽しそうに、かつ真剣にディスカッションを行うようになり、どんどんと参加者の一体感が増していくようでした。

コミュニケーション能力を磨くためのさまざまなエクササイズを学びましたが、その中から1つご紹介したいと思います。それは自分をコミュニケーションの対象者や、第三者の立場において人間関係を見てみるというものです。

「相手の立場に立ってみろ」とはよく言われますが、それを実践する方法はなかなか説明してもらえません。しかし、このエクササイズでは、まさに「相手の立場に立つ」という体験をすることができるのです。

手順としては、まず最初に参加者同士がペアとなり、一人が自分、相手、第3者の3つの立場を体験し、もう一人がそれをサポートしていきます。

言葉にしてしまえばとても単純なことなのですが、実際に自分で行動して、相手の立場に身を置くということで、今までは曖昧な言葉でしかなかった「相手の立場に立ってみる」ということを具体的にはっきりと体験することができ、そして「主観体験」と「客観体験」という二つの体験を自分で使い分ける方法を理解して、人間関係の中で活用していけるようになるわけです。

他にも多くのエクササイズがあり、それらを学んでいくことで、参加者同士でいつのまにかスムーズにコミュニケーションが取れるようになり、セミナーが終わった頃には学んださまざまなスキルを自信をもって使いこなせるように思えました。

たった1日のセミナーではありますが、内容はとても濃いものですので、コミュニケーション能力で悩んでいる人には強くオススメしたいセミナーです。


取材協力:日本NLP学院
今回のセミナー情報はこちら

この記事を、ともだちに教える!
関連グッズ
  • 1ヶ月前
  • 1週間前
  • 1日前
  • 1日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後
  • 1年後
過去記事一覧を見る
PAGETOP
オラクルカードのことなら…ライトワークス オンラインショップ
リンク
クライエントログイン・登録ページへ
    STARPEOPLE
井上真由美コラム 透視リーダーの日常
ワンネスの大学
優蘭の夢を叶える開運塾
末吉愛 Miracle Lesson
Facebook もチェック
 Facebook
広告掲載について
「COCORiLA」では広告を掲載して頂く広告主様を募集しております。
当ウェブサイトにお店やイベントの情報などを掲載してみませんか?
本サイトにログイン後のページは SSL で保護されています。
SSL で保護されているページはアドレスが 「https://www.cocorila.jp/」 となっていることをご確認ください。SSL 対応されていることがご確認いただけます。

【サイトの確認】
上に表示の Secure Site シールをクリックすると、サーバー認証機関である日本ジオトラスト株式会社のサイト証明が表示されます。
-