すでに皆さんは熊手の準備はすませたでしょうか? 熊手といっても落ち葉を大掃除するわけではなく、縁起物のほうです。もし、まだ熊手を手に入れていない方もまだ間に合います。明日は酉の市(正確には二の酉)ですので、この機会を逃さずに福をゲットしましょう!

酉の市とは、11月の酉の日に行われるお祭りで、一番有名で規模が大きいものは浅草の鷲在山長國寺で行われるものですが、関東各地の鷲神社、大鳥神社でも行われています。

基本的には開運、商売繁盛などを願うお祭りで古くから伝わる伝統的なお祭りでもあり、縁起物の熊手のインパクトと、浅草の酉の市の規模の大きさなどから多くの人に知られています。

その一方で、このお祭りの起源は意外とはっきりしていません。浅草の酉の市の由来によると、もともとは、江戸時代に花又村というところにあった鷲大明神に感謝した収穫祭だということで、このお祭りの日に氏子たちが鷲大明神に鶏を奉納し、終わると集まった鶏を浅草寺まで運んで、観音堂の前で放してやったのだそうです。

その他にも、鷲神社(大鳥神社)の祭神である日本武尊が、東征のときに大鷲神社が現在ある場所で戦勝祈願を行ったことにちなんで、日本武尊が亡くなった日とされる 11月の酉の日に大酉祭が行われるようになったというものや、11月の酉の日に日蓮上人が国家平穏を祈ったところ、鷲妙見大菩薩が現れたことにちなんではじまったという説などがあります。

神道と仏教で対象とする神様は違ってくるようですが、民間信仰もあわせて、すべてに共通する要素は鷲のようです。酉の市の名物ともいえる熊手も、「熊」手という名前にもかかわらず、鷲が獲物を捕まえるそのツメを模したものであるという説が一般的なようです。異説としては日本武尊が武器としての熊手を使って、火を防いだことから熊手を火難よけとして使うようになったというものもあるようです。

起源や由来はさまざまですが、酉の市の人出はどこの神社もすごいもので、それだけこのお祭りが多くの人から愛され信仰されているのがわかります。筆者は去年、新宿の花園神社の酉の市に行きました。場所がらもありちょっと強面の人たちもいましたが、みなさんきちんとお参りをしていたのが印象的でした。

熊手には、福徳の象徴であるおかめの面や、しめ縄、鯛、稲など数々の飾り物がついていますが、これらが大きいほど値段も高くなってきます。基本的に熊手は毎年どんどん大きくしなければいけない習わしなので、今年はじめて酉の市に行ってみようと思う人は、お財布に余裕があっても、初めは小さめのものから購入することをオススメします。

ちなみに、テレビなどでよくやっている熊手売りの人たちが威勢よく拍子木などを打ってくれる手締めですが、これについてはお店側がご祝儀を受け取った場合に行うのが普通だそうです。

このご祝儀ですが、普通に渡すのではなく、お店側と値段交渉をして、値引きしてもらった分をご祝儀として渡すのが「粋」なのだとか。そこまでするのはちょっと恥ずかしいという方は、熊手を購入後にちょっとした小銭を渡すだけでも、最近は手締めをやってくれるそうなので、熊手とともに威勢のよい雰囲気を味わいたい場合は試してみてください。

今年も終わりが近づいてきましたが、来年に向けて福をかき集めるためにも、お近くの神社で酉の市が開かれているようでしたら是非参加してみてください。筆者も去年より大きな熊手を買って、手締めをしてもらってこようと思っています。