「水戸黄門」 水戸光圀の花押
≪ 「水戸黄門」 水戸光圀の花押 ≫

花押(かおう)という言葉を聞いたことがあるでしょうか? おそらく多くの人は聞いたことがないと思います。花押とは署名の代わりに使用される模様のことで、今でいうと印鑑みたいなものです。

古代から現在にいたるまで、証明書や公的な書類などにはサインが欠かせません。日本は世界でも珍しい印鑑重視な国ですが、江戸時代ぐらいまでは印鑑よりも署名、つまりサインが使われていました。

もともとは現在の日本人のサインのように楷書体で署名をしていたようですが、次第に草書体にくずした署名が多くなり、それがさらに洗練され、文字と言うよりも図のように変わっていきました。その図が花のような形をしていたことから、花押と呼ばれるようになったそうです。

鎌倉時代以降、武士が文書を書くことが多くなったために、武士が花押を使うようになり、戦国時代には自分の名前だけでなく、動物の形や自分の目標とするところの漢字などを使うようになり、形やデザインがより多様化することで、花押文化が花開きました。

例えば織田信長は、模倣防止のために何度も花押を変えたそうですが、その中で有名なものとして「麒麟」の「麟」という文字を使ったものがあります。麒麟は平和を求める仁獣であり、王が仁のある政治を行う時にあらわれる存在です。乱暴なイメージのある信長ですが、実は仁のある政治を目指していたのかもしれません。

この記事に表示されている画像は、水戸黄門で有名な水戸光圀が使っていた花押です。すでに大元は漢字ですらなく、中国の強力な呪符である五岳真形図の北岳をモチーフにつくられています。北岳は水をあらわした文様で、竜神の守護を得て、水難などから守って貰いたい場合などに使われた呪符です。

このように花押が完成された時期のものをみていると、すでに単なる個人のサインではなく、自分の願いや守護を託したお守りであるように思えてきます。花押をつくる方法として、草書体で書いた文字のパーツを一度ばらばらにして、それをもとに、好きな形にくみ上げるというものがあるそうです。

この意味のあるものを一度分解して、自分だけの別の形に組み立てるという方法は、西洋で比較的新しく考え出されたスピリチュアルなお守りの作り方とまったく一緒なのです! 一説によると、このお守りの作成方法は人間の潜在意識に働きかけるための非常に効率のいい方法なのだそうです。

すでに忘れられてしまっている花押ですが、その芸術性の高さから、現代になってその価値が見直されてきているそうです。花押というすばらしい日本文化を蘇らせるためにも、花押に自分の願いを込めた戦国武将を見習い、オリジナルのお守りとして、自分の希望や夢を託した花押を自分で作ってみるというのも素敵だとは思いませんか?