忘れられた節句

1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、これらが何の日か分からない人はあまりいないと思います。お正月、ひな祭り、こどもの日、七夕ですね。それでは9月9日は何の日か知っていますか?

9月9日は「重陽の節句(ちょうようのせっく)」または「菊の節句」と呼ばれる日なのです。さきほど挙げたそれぞれの日付をみると、すべてが奇数なのに気が付くと思います。

なぜ、奇数が並ぶ日にはなんらかの行事があるのかというと、それは中国から伝わってきた陰陽思想から来ており、陰陽の考えによると奇数は陽の数であり、偶数は陰の数であるとされているのです。

「陽が重なるから祝日なのか!」と思うでしょうが、実は元々はそうではなく陰陽思想には陽きわまって陰になり、陰きわまって陽になるというような考え方があり、陽が重なることで逆に陽の気が強くなりすぎてしまうので、なんらかの形で祓いを行って、陰陽のバランスを取る日が、これらの節句だったのです。

1月1日は、人日(じんじつ)、七草の節句といわれ、七草粥を食べることで邪気を祓います。3月3日は上巳の節句(じょうしのせっく)、別名桃の節句です。桃は邪気を祓う植物ですし、さらにひな祭りはもともとは人形に汚れを移して川に流すものでした。

5月5日は端午の節句(たんごのせっく)、別名菖蒲の節句です。菖蒲や蓬などの薬草を摘み、門口に飾ったそうです。7月7日は七夕の節句(しちせきのせっく)、別名笹の節句です。この日はあまり祓いに関係した行事はないのですが、菖蒲や蓬などと同じく笹も浄化作用の強い植物です。

こうして、もともとは、陽の気が強すぎてバランスを崩し病気になったり、邪気を受けたりしないようにする日だったものが、時代がたつにつれて、陽が重なるのでおめでたい日へと変わって、現在のようにお祝いの日になったのです。

これらの節句はもともとは5つあり、その中でもっとも強い陽数である9(一桁で最大の奇数)が重なった日こそが、重陽の節句なのです。菊の花を飾り、菊の花びらを浮かべた酒を丘などに登って邪気を祓い、長寿を祈る日で、江戸時代ぐらいまでは5節句の最後を締めくくるものとして、もっとも盛んに祝われていたため、この日に衣替えをしたり、作物の収穫を祝ったりもしたそうです。

そんな重陽の節句が行われなくなってきたのは、旧暦が廃止されたことが一因のようです。現在の9月9日には菊の花は咲いていませんし、衣替えにはまだまだ早い時期でしょう、当然収穫も終わっていません。

今では忘れられてしまっている重陽の節句ですが、旧暦では今日が重陽の節句となります。そろそろ風邪をひきやすくなる季節ですし、菊の花を浮かべたお酒でも飲んで邪気を祓い、忙しい年末に備えてみるのはいかがでしょう?