温泉に秘められた5つの力で癒される

まだまだ日中は思い出したように暑くなったりもしますが、ほんのりと金木犀の香りが漂ってきたり、すっかり秋の風情がふかまってきました。これぐらいの時期になると、そろそろ各地の温泉情報などをチェックしはじめる方も多いのではないでしょうか?

ゆったりとお湯につかって、美味しいモノを食べる。温泉は日本人が古来から愛してきた 「癒し」 です。そんな温泉ですが、アルカリ泉や硫黄泉などといった科学的な成分でわかる効能以外にスピリチュアルな効能もたっぷり含まれていることをご存じでしょうか?

陰陽道やその元となった道教には五行という考え方があります。難しく説明すると本が一冊かけるぐらい深い内容なので、簡単にいうと 「木火土金水」 の5つの元素から世界は構成されているということです。もちろん、私たち人間も身体のうちに5つの元素を秘めています。そしてそのバランスが崩れることで病気になったり、感情が乱れたりするのです。例えば 「土」 の要素が不足すると、胃が不調になったり、憂鬱になりやすくなったりします。

不足した要素をどうやって取り戻すかというと、文字通り土の上を裸足で歩いてみたり、「土」 の性質を持つ食べ物、ナツメや稲、牛肉を食べたりするなどの方法があります。しかし、こういった方法は五行の対応を知っていないと難しいですし、なにより自分の不調の原因が五行のどれに属するかなどというのは、簡単にわかるものではありません。では、どうするのが簡単か? それが温泉に入ることなのです! 温泉は五行をバランス良く吸収するのに非常に適しているのです。

温泉は当然液体ですので 「水」、さらにそれが暖められているので 「火」、そして地下からわきでるときに 「土」 と鉱石 「金」 の成分を吸収し、さらに、露天風呂ならば周りには木々 「木」 が生えていますし、露天でなくともヒノキ風呂なども多くあります。ほら、見事に五行がそろっていますね。一度にこれだけバランスよく五行を吸収できるパワースポットやアイテムはなかなかありません。

最近なにか不調だという方は、温泉につかってリフレッシュしながら、これらの五行の気を吸収するように意識してみてください。きっと、より癒されることができるはずです。